スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にも出来ること

被災されている方々心よりお見舞い申し上げます
残念ながら亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします

私が住んでいるところは日本海側の内陸ですので
震度は4で、倒壊などの被害もありませんでした

ここはもともと台風被害はよくありますが、地震は少なく、
あってもいつも震度1か2位で、子供のころ体験した震度3が最高でした

ですので震度4でもかなり怖かったです
ゆーっくりした大きな揺れがとても長い時間続きました
車酔いしたような具合の悪さを感じました
また、余震を感じるということも今まで経験が無かったので
何度も来る余震がとても怖かったです
夜に来た余震はまた特別怖いものを感じました

揺れ始めたと同時ぐらいに停電しました
最初携帯のワンセグでテレビを見ていたので、
県全体で停電していること、震度が4で、宮城では7だった事は確認してました

しかしその後電池残量が少なくなりましたのでワンセグを見ることもできず、
一切の情報を得ることが出来なくなりました

とりあえず食料の確保にコンビニに行きましたら長蛇の列…
お弁当やパンは売り切れ、電池やホッカイロも無くなっておりました
レジが使えないため、店員は電卓をたたき、価格確認のため店内を走り回ってました
そんなこんなで買い物に50分もかかりました

街中は信号が止まっているためどこもかしこも渋滞
いつ事故が起こってもおかしくないような感じでした
特段、倒壊等の被害が無いにもかかわらず、なぜか警察は交通整理に出ていませんでした
後で見たら、各コンビニにパトカーが1台ずつ止まっているのを見ましたので、
混乱のさなかの強盗に気をつけていたのでしょうか…良く分かりません

夜になっても電気は付きません
私の住んでいるところは、ストーブが無ければ、部屋の中でも夜や朝方は2〜3℃くらいまで下がります
ですので、とにかく寒かったです
買い置きしてあったホッカイロと空のペットボトルにお湯を入れたものを抱いて
19時には布団に入りました
幸いにも、水道、ガスは無事でしたのでひもじい思いはせずに済みました
電気が無いと、ホント何にも出来ないことを思い知らされました

また家電話は通じてましたので、近くの親族の家とはすぐ通じ無事を確認できました
しかし、相手が光電話だったり、被災地だったり、携帯の場合は一切通じずませんでした

テレビを見ることが出来ず、一切情報が入ってきませんでしたので、
自分の周りでは倒壊などの被害がありませんでしたので、なぜ電気が付かないのか分からず、文句をブーブー言ってました

しかし、翌朝の新聞を見てビックリ、被害の大きさに驚きました!
ここで初めてこの災害の悲惨さを知りました
この後、12日の夜になって27時間ぶりに電気が付きホッとし、テレビをつけました。
そこで胸が締め付けられるような惨状を見て、電気が付かないくらいで文句を言っていたのがとても恥ずかしくなりました

ホントに大変な状況です
私にも何かできることないかと思っています
先程こんなサイトを見つけました
http://www.groupon.jp/cid/7995/
信用できるサイトかと思います
個人からの寄付200円で、被災地には400円分の義援金を送ってくれるそうで、
先程私も寄付をしました
ご興味ある方はどうぞ(ご自分の責任においてご利用下さい)


早く被災してる方々が暖かくゆっくり眠れる日が来ることを心から祈ります
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lapaki

Author:lapaki
ご訪問ありがとうございます^^
lapakiといいます
日々のことを気ままに綴っていきたいと思いますので、宜しければお付き合いくださいね
lapaki=うさぎ
kapalili=ドキドキ (いずれもハワイ語)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。